格安航空券を探そう!あなたの地域の空港チェック!

夕焼けに飛行機雲

格安航空券はキャンセルもできるのか

格安航空券を利用する場合でも、ある程度前に予約をするのが一般的でしょう。このような場合、急用などでキャンセルしなければいけなくなることもあるでしょうが、キャンセルは可能なのでしょうか。また、キャンセル料などを取られることもあるのでしょうか。

支払い前のキャンセルについて

通常格安航空券を購入する場合には、まずインターネットなどで航空チケットの購入が可能なサイトや、航空会社のサイトで空席確認を行います。空席があれば、日にちや時間を確認してから予約を行うようになるのが一般的です。このように予約をしてから料金を支払うシステムになっていることが多いでしょう。

では、料金を支払う前に急用が入ってしまい、キャンセルをしなければいけなくなった場合には、どのように行うのでしょうか。通常は料金を支払わなければ自動的にキャンセルになるので、そのまま放置しておいても問題はありません。大半のサイトでは、一定期間料金を支払わなければ、自動的にキャンセル扱いになるのです。

もしキャンセルするときに、手続きが必要になる場合には、サイトの説明通りに従って行うようになるのですが、通常そのまま放置で問題ありません。連絡をしてほしいと書かれていた場合には、きちんと連絡をしておきましょう。

支払いをした後でキャンセルする場合

料金を支払っていない状態でキャンセルをするのであれば、そのまま放置しておくことで自動的にキャンセルされることが多いでしょう。では、料金をすでに支払ってしまった場合にはどうなるのでしょうか。この場合には必ず連絡を入れないと、料金の払い戻しができなくなります。

そのため、キャンセルをしたいという連絡を入れましょう。また、キャンセルをした場合には、キャンセル料金を取られるのが一般的です。キャンセル料金は航空会社によって変わってくるので、購入したチケットの航空会社のホームページで確認しておきましょう。航空会社によっては、払い戻しができない場合もあります。

返金はキャンセルの申し込みをしてから、大体3週間から1ヵ月ぐらいかかることが多いでしょう。全額返金ということはまずないので、キャンセルしなくて済むように、きちんと計画を練ってから購入しないといけません。

天災や事故の場合には全額返金が可能

自己都合のキャンセルではなく、台風などの天災や航空会社のトラブル及び事故で運行できなくなった場合には、通常キャンセル料は取られません。全額払い戻しという形になるので安心できます。

:次の記事 →